資金力と精神力

FX取引は資金力と精神力が必要なものだなあと感じています。100万円たまったから更にお金を増やしてみようという軽い気持ちで手を出してみましたが半年ほど前から苦しい感じとなっています。何も考えずになんとなく売りを入れたらその後20円近くも円安になってしまいました。

これからどうなってしまうのかが不安です。為替相場というのはFX取引に手を出している人だけの問題ではありません。外国から物を輸入している会社は半年ほどで大変なことになっていると思います。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を賢く使い分ける

sdfsll4









FXで投資判断を行う場合の代表的な分析方法は、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析です。ファンダメンタルズ分析は、中長期的な視点で投資判断を行う分析法で、政策金利や失業率など経済指標の動向を分析し、通貨価値が上がるか下がるかを予測します。

FXのプロの投資家の間では、このファンダメンタルズ分析を用いた投資判断を行うことが好まれています。その理由のついては、後述します。一方、テクニカル分析は、短期的な視点で投資判断を行う分析法で、MACDやボリンジャーバンド、移動平均線などのテクニカル指標を利用します。短期的な視点とは、分単位から時間単位を指しますので、ある意味、相場の瞬間的な動きを分析し、上がるか下がるかを予測します。

MACDやボリンジャーバンド、移動平均線などのテクニカル指標は、高度な数学を用いた計算方法で算出されますが、FX口座を開設すれば無料で利用できますので、指標の分析に集中することができます。以上のように、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を簡単に説明しましたが、FXだけでなくハイローオーストラリアのBOであっても、この2つの分析方法を賢く使い分けることが重要です。

しかし、上述したように、プロの投資家は、ファンダメンタルズ分析で今後の投資判断を行うことが多いため、一見、テクニカル分析よりも優れていると思う方がいるかもしれせん。プロの投資家が、なぜファンダメンタルズ分析を利用する場面が多いかというと、テクニカル指標を用いた短期的な視点よりも政治的経済的背景を分析した中長期的な視点で話すほうが、投資のプロらしい発言になるからだと考えられます。

つまり、国の経済状況を分析しながら通貨の動向を予測するのと、数学的に通貨の動向を予測するのでは、投資のプロとしての存在意義に差がでると思っているようです。確かに、政治家や経済学者の発言を独自の視点で解説しながら、将来的な通貨の動向を予測したり、現在の通貨価値を分析すれば、投資のプロの発言らしくなります。

一方、テクニカル分析は、コンピューターが出した情報の分析なので、その情報は誰でも入手可能となり、あえてプロが話す必要もないというわけです。しかしながら、FXにおいては、短期的な視点も中長期的な視点も重要なので、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を使い分けて、通貨の動向を予測することが大切です。

人気情報

お得リンク

サイトインフォ