資金力と精神力

FX取引は資金力と精神力が必要なものだなあと感じています。100万円たまったから更にお金を増やしてみようという軽い気持ちで手を出してみましたが半年ほど前から苦しい感じとなっています。何も考えずになんとなく売りを入れたらその後20円近くも円安になってしまいました。

これからどうなってしまうのかが不安です。為替相場というのはFX取引に手を出している人だけの問題ではありません。外国から物を輸入している会社は半年ほどで大変なことになっていると思います。

リスクを最小限にする短期取引とは

sdjfuri4









「FXとは短期取引、デイトレードであり、為替差益がターゲット」

FX 取引の魅力は、短期間での為替差益をターゲットに狙いを定め、大きな利益を出すという点にあると考える人が大半ではないでしょうか。長期的な投資、スワップを狙いといった取引のイメージよりも、先に述べたイメージが大きいのがFXでしょう。

但し、為替差益を確実に出すためには、それなりに分析テクニックも必要となります。経済指標、テクニカル指標を有効的に利用し、相場がどう動くのかを予測することが不可能であれば、もちろん利益を出すことは叶いません。

これがFX初心者にとって最初の難関となるステップでしょう。FX取引を一言で表すとすれば「二択の取引」です。取引する通貨の値が上にいくか、下にいくか、この二択を選択し利益を確定させるというものです。

もし、ハワイに海外旅行に行くとなったら日本円を米ドルに両替しますよね。1ドル=100円の為替相場なら、1万円で100ドルに両替できますが、これが1ドル=90円の為替相場ならどうでしょうか。1万円で111ドル手に入れることができます。この11ドルが為替差益です。さてこの両替のタイミング、少しでも円高の時に両替したいと誰もが思うはずです。

逆に旅行から帰ってきて100ドルを日本円に戻す場合、1ドル=90円の円高相場では9000円分しか戻ってきません。これが1ドル=110円の円安相場ではどうでしょうか。11000円戻ってくることになるのです。この場合は円安になるタイミングを見て円に戻したいと考えますよね。

FXもこのような感覚に近い選択を行う取引です。相場が上がるか、下がるかを選択しその為替差益を得る、簡単なようでなかなか難しい二択でもあるのです。為替差益を狙い短期間で利益を決定させる取引、もちろんリスクの管理も大切な事項となります。

リスク管理の側面から見て、どの通貨で取引を行うのが賢い選択なのか?その答えはやはり世界の中心とも言える通貨、米ドルでしょう。

リスクを最小限に、短期取引に適した米ドル

米ドルがリスク管理に向いているとされる理由に、流通量が多いという面が挙げられます。世界の基軸となっている通貨ですから、多くの市場で売り買いが行われても激動するような変化はそこまでありません。これは大きな値動きがない分、安全であることを示しています。相場のチェックを怠っていたら、かなり大きな変動があった、損害が大きく膨らんでいたなどというような事態を避けることができるのです。

また、世界の基軸通貨とされる米ドルならではの理由として、アメリカ経済に関するニュースや、社会情勢などの情報、それに付随して米ドルの値動きについては常に報道され、情報を集めやすいという点も大きいでしょう。

投資は情報収集が命綱と言っても過言では有りません。

アメリカについては、多くの情報が自然に身近に入ってきますから、その国の通貨である米ドルに投資するのはリスク管理の側面から見ても、投資の観点から見ても非常に適しているのです。安定性や情報収集のしやすさなどから、米ドルを中心として投資を行う人が多いのは言うまでもありません。

尚、米ドル以外の通貨、例えばポンドやニュージーランドドルといった通貨では、米ドルと比べるとその流通量の少なさが目立ちます。値動きも荒く、短期間で大きく負けてしまう事も否めません。逆に大勝することもありますが。

短期間で大きな利益を掴むチャンスがあるからと、値動きの激しい通貨をあえて好む投資家もいますが、取引を始めたばかりの初心者の方にはあまりお勧めできません。
初めはまずリスクを最小限にコントロールすることが大切だからです。ですから、値動きの変動が大きくない米ドルと円でまずは取引に慣れ、その後扱う通貨の種類を増やすというように少しずつ広げていくことをお勧めします。

人気情報

お得リンク

サイトインフォ