資金力と精神力

FX取引は資金力と精神力が必要なものだなあと感じています。100万円たまったから更にお金を増やしてみようという軽い気持ちで手を出してみましたが半年ほど前から苦しい感じとなっています。何も考えずになんとなく売りを入れたらその後20円近くも円安になってしまいました。

これからどうなってしまうのかが不安です。為替相場というのはFX取引に手を出している人だけの問題ではありません。外国から物を輸入している会社は半年ほどで大変なことになっていると思います。

適性な取引価格を設定しましょう

ssdfue4









FXで資産を運用する場合、最初に考えることは資産運用の目的です。副業としてFXを考えている場合や、中長期的な資産運用が目的の場合は、FXで日常生活が振り回されないようにすることが大切です。

FXで日常生活が振り回されないようにするたに最も簡単なことは、取引価格を少額にすることです。少額といって個人差がありますので、次のような例で説明したいと思います。例えば、100万円の自由に使えるお金(余剰資金)があったとします。FXで1万通貨を取引し相場が1円動いたとします。1円上がった場合は、1万円の利益、1円下がった場合は1万円の損益となります。

この時、相場が1円上がっても下がっても100万円の資金が101万円になるか、99万円になるかなので、少し増減したくらいの感覚でそれほど嬉しくも悔しくもないかもしれません。では、レバレッジをかけて取引価格が10万通貨になったらどうでしょうか?相場が1円上下することで、10万円単位で損益が変わります。

引照: ハイローオーストラリア.pw

余剰資金が100万円あったとしても、勝てば110万円、負ければ90万円となります。先ほどの101万円と99万円と比べて、嬉しさも悔しさも大きくなると思います。この嬉しさや悔しさといった感情の動きは、個人差がありますので、自分で調べる必要はあります。取引価格と勝ち負けの時の感情の変化を客観的に観察して、勝っても負けてもあまり感情が変化しない取引価格はいくらなのか決めてください。

そうすれば、FXの取引中でも、それほど相場の動きも気にならず日常生活を送ることがでいるでしょう。繰り返しになりますが、FXで日常生活が振り回されないためには、自分の適正価格を超えた取引をしないことが大切です。気持ちにゆとりを持ち、着実に資金を増やすためには、短期的な取引で一気に儲けるような取引をしてはいけません。

しかし、FXの成功事例としては、10万円の資金から始めレバレッジで大儲けして、資産1億円を達成。というような記事も見かけるので、ついそのような成功を自分もしてみたいと思いがちです。しかし成功者の裏には、レバレッジで大損をして自己破産に追い込まれた人もいるのです。ですから、FXを副業にしたいと思っている方は、少額投資の長期運用を意識した取引を行い、気持ちにゆとりを持つようにしてください。

人気情報

お得リンク

サイトインフォ